そろそろ始動-年間栽培計画をたてました。

東京のレストラン出荷と知人への宅配を中心とするベジモア・ファーム、農薬は使わず、有機肥料も極力減らし、なるべく固定種・エアムールの無農薬種子を使って美味しくてお皿に載せるとちょっと気分が華やぐような野菜作りを目指しています。

農家になってもうすぐ丸二年、作るもの大変だけどせっかく作っても売れなければ無駄になるという事を実感しています。でも今年の目標は自信をもって販売できる野菜を沢山栽培する事。美味しい野菜を作れば欲しいという方が現れる事を期待し、焦らず農作業に汗を流しながら隔週で東京のマルシェ出店を目指します。

春(GW後~梅雨頃)

遅霜の心配が無くなり夏の果菜類の定植に忙しい時期、この時期に出荷できるのは寒さに強い作物 - 菜花、人参、カブ、大根、ビーツ、ケール、チコリー、レタス、ハーブ類(ルッコラ、フェンネル、イタリアンパセリなど)。

夏(7月中旬~9月頃)

7月中旬から新じゃがの収穫が始まります。果菜類では最初にズッキーニ、7月後半からやっとトマト、ナス、オクラ、キュウリなどが収穫できます。今年は果菜類も固定種を増やし、JAS有機適合の培土を使い自分で育苗しています。バジルも沢山作ります。夏休みの間は丸の内行幸マルシェに果菜類を持って行くのでお楽しみに・・・。

秋・冬(10月頃~1月)

お盆を過ぎると急激に秋がきてあっという間に冬になる八ヶ岳南麓、いつも果菜類の世話と収穫に追われ気が付くと何もない・・という事態になります。今年こそは8月中旬には根菜類の種をまき、ケールやカリフラワーなどの定植も終えて収穫の秋を迎えたいです。ビーツ、人参、大根類、ヤーコン、菊芋などの根菜類は12月には掘りあげて穴に埋めて冬の間の貯蔵食料となります。今年のチャレンジは、サルシフィ、パースニップ、ルートパセリなどちょっと変わった根菜類とトレビスです。

1月頃までは凍ったり溶けたりを繰り返しながらケールや蕪がまだ収穫できますがだんだん地面も凍って静かな畑になります。冬は農繁期の間できなかった畑の片付けをしながら来季の作付けを計画、種の準備をして春を待ちます。