農村生活

遠くて混んでいる総合病院にしか整形外科がないので軽いけがの場合は接骨院が頼りです。農業で腰やひざが痛くなった時は整骨院に駆け込むと電気をあてたり周囲の筋肉をほぐしてくれ、再発防止のための筋肉の鍛え方なども教えてくれます。昨日はスキーで転倒して痛めた親指の付け根を固定する簡易ギプスのような物まで作ってくれて大助かり、日常生活での痛みが随分軽減されました。小淵沢に移住するまで整骨院には行ったこと無かったし、農業を始めてからこの年になるまで知らかった事がいかに沢山あるか驚いています。

都会のマンションとオフィスを往復する生活の中では物を作るという作業はとても遠いものでしたが生産者の楽しみ、喜びや苦労という物も多少はわかってきた気がします。毎日口にする食べ物がどうやって作られ、運ばれてくるのかちょっと関心を高めてみると違った世界が見えてくるかもしれませんよ。

雪&雨

昨日の朝は相当冷え込み、そして日中はぐんぐん温度上昇と大変な日でした。そして今日は朝起きたら地面が白い。一日中雪やみぞれが降っています。雨をみこして昨日蕪や大根類の種まきをして正解、水やりは不要です。無事に発芽してたらまたお知らせします。雪が融けたら少しだけまいたニンジン、20日大根などの様子も見に行きます。

朝は一面真っ白でした

昨夜はかなり冷え込み地面は霜か雪で真っ白になっていました。朝の苗のお世話も手袋が無ければ手がちぎれるような寒さ、バケツの水もすっかり凍っていましたが夜は苗床の農電マット(農業用のホットカーペット)の電源を入れ、透明のトタンの上に厚手のビニールをかけて温度を15度程度に保つようにしているので果菜類の苗も無事でホッとしました。

真冬のような寒波がきても日に日に陽射しは強くなり太陽の光をしっかり浴びて苗たちはたくましく育っています。数日前に播種したズッキーニの芽が少しづつ顔を出してきたので日当たりの悪い屋内育苗温室から屋外の苗床に移しました、しっかり育ってきたらポットに移植してビニールハウスの落ち葉温床にお引越しの予定です。

苗をあちこち移動させるので最近腰痛に悩まされています。作業の効率化も考えなければいけませんが、100円、200円の野菜のためになかなか思い切った設備投資もできず工夫しながら春を待ち焦がれています。

寒さも緩むかな?

朝晩は冷え込み昼は晴れてぽかぽかという日が続いていましたが今日は朝から曇りがちで午後には雨もぱらつきました。お日様が無いと日中は寒いけど夜の冷え込みが無いので6時現在でもまだ氷点下には下がっていません。このまま暖かい夜だと嬉しいのですがどうでしょう。

昨日は育苗失敗したナスの種を蒔き直し、ズッキーニや春用ブロッコリー、結球チコリの種もセルトレイにまきました。露地でも試しにカラフルラディッシュ、サラダMIX、丸キャロットなどを少しづつ播種してみました。南向きの斜面は雑草の姿も見え始めだいぶ地温も上がっているよう、乾燥続きでしたが表面を少し削ると中は湿っているので上手く発芽してくれるかな。

まだまだ霜が来るので定植できるのはレタス程度ですが、定植に備えて畑の準備をする時期がやってきました。

 

 

昨日からとても冷えています

昨日、今日と冷え込む朝が続いて冬に逆戻りしたようです。今朝もバケツの水はしっかり凍っていました。外の育苗ケースにはしかり毛布とビニールをかけて保温しましたが中の温度はかなり下がったようです。この寒波しばらく続くよう、レタスやビーツなど寒さに強いものは大丈夫ですがトマトやナスが無事に乗り切れるか毎日ドキドキです。5メートル×1.2メートルの農業用のホットカーペットの上も8割がた苗で埋まり、この寒波が過ぎれば寒さに強い苗からビニールハウスに移していきます。いよいよ本格的な育苗の始まりです。

晴れが続いています

昨日朝・夕は少し冷え込みましたが昼はとても暖か、今日もかなり温度が上がりそうです。セルトレイに播種した種たちも発芽していますが、屋内では日光不足や温度が高すぎたりで少し徒長気味、早く外の育苗ハウスを完成させて移さなくてはいけません。今日は農業用電気マットを使ったコールドフレームを稼働させる予定です。可愛い野菜の赤ちゃんたち、ちょっと待っててね。