朝は一面真っ白でした

昨夜はかなり冷え込み地面は霜か雪で真っ白になっていました。朝の苗のお世話も手袋が無ければ手がちぎれるような寒さ、バケツの水もすっかり凍っていましたが夜は苗床の農電マット(農業用のホットカーペット)の電源を入れ、透明のトタンの上に厚手のビニールをかけて温度を15度程度に保つようにしているので果菜類の苗も無事でホッとしました。

真冬のような寒波がきても日に日に陽射しは強くなり太陽の光をしっかり浴びて苗たちはたくましく育っています。数日前に播種したズッキーニの芽が少しづつ顔を出してきたので日当たりの悪い屋内育苗温室から屋外の苗床に移しました、しっかり育ってきたらポットに移植してビニールハウスの落ち葉温床にお引越しの予定です。

苗をあちこち移動させるので最近腰痛に悩まされています。作業の効率化も考えなければいけませんが、100円、200円の野菜のためになかなか思い切った設備投資もできず工夫しながら春を待ち焦がれています。