有機循環農業のための鶏さん

卵を産まなくなったベテラン鶏さんを少しですが貰ってきました。小屋は近所の中古サイトで格安でゲット、軽トラで運べるサイズで小さいのでこれからお金をかけずに安全で50羽程度は飼える小屋を作りたいなと思っています。

鶏さん達はガーデンに来て数日なのに、朝は小屋から出して・・・とくーくー鳴き、扉を開けると飛び出し夜はちゃんと小屋に入ります。このまま余生を楽しくすごしながら、残飯をたべ、草をけ散らし、堆肥を作って欲しいと願っていますが、現実にはイタチやキツネが沢山いるので安全に飼うのはとても難しいです。小屋は鉄柵に二重のチキンワイヤー、床にはエキスパンドメタルで安全なように思いますが、天敵達も必死に侵入するし、仲間につつかれ弱る子も出てきます。危険でもやはり昼間は出して楽しませてあげたい。課題は山積みですが、有機農業に鶏飼育を組み込むための第一歩を踏み出してみました。画像に含まれている可能性があるもの:鳥、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:鳥、屋外、自然