改装や研修のため10月8日で夏季営業を終了、11月1日から冬季営業開始予定です

食材は可能な限り自分で栽培するか地域の生産者や小売り業者から買うようにしています。お肉は三分の一湧水前にあるミート池田さん、固まりのバラ肉をカフェの厨房でスモークしてベーコンにして前菜にお出ししています。野菜・トマト・上に見えるビーツは農薬・化学肥料を使わずに育てました。

当初は冬は閉める予定でしたが、2ヵ月カフェをやって少しは慣れてきたので一人でもサービスできる体制にしてボチボチ冬季も継続することにしました。ランチは気まぐれワンプレートや野菜たっぷりポトフ、デザートもこれから敷地内で沢山とれるキュウイや小淵沢の小さいリンゴ農園の紅玉などを使ったシンプルなものになると思いますが寒い冬にほっと暖まり、お客様同士がお話しできるようなたまり場的カフェを目指します。勿論生パスタは継続、太いの、丸く穴が開いた物なども登場の予定なので楽しみにしてください。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

カフェ・レストラン営業をしたい野菜大好きシェフいませんか?

家族で農園カフェを始めましたが農業に忙しく夜の営業は難しい、せっかくプロ仕様の厨房があるのにもったいないな・・・・・・。という事でナイトジャックしたい方はいませんか?3連休の夜だけとか、すぐ近くの身曾岐神社の催事のある時、クリスマスシーズンのみなど期間限定も歓迎です。八ケ岳方面に興味がある、将来自家農園のあるレストラン開業を夢見ている、独立準備中で練習にお店をやってみたいなんて方はinfo@vegemore.main.jpまで連絡もしくはガーデンを見学に来て下さい。

条件は野菜が中心である事、なるべく地域食材を使い化学調味料や添加物を使わない事。光熱費負担や施設使用料については個別相談に応じます。5口コンロとガスオーブン・グリラー・小型スチコン・スパイラルミキサーあります。

ベジモア・ファームの野菜・果物も野菜のシーズンは格安で提供します。ただ小淵沢は夏のリゾート地、観光・別荘客のいない時期はガラーンとしています。長期に店を構えるなら知名度があがるまでは冬は出稼ぎに行くくらいの覚悟がないと難しい場所なのでベジモア・ガーデンも冬季は休業です。

 

画像に含まれている可能性があるもの:キッチン、室内

夏のベジモア・ガーデン

太陽が戻って来ました。7月21日から小淵沢道の駅の朝市に出店予定ですが8月はベジモア・ガーデンで野菜や加工品の販売をしたいなと思っています。大先輩が作ってくれた立派過ぎる作業小屋、軽トラが入れるよう工夫して下さったので畑で収穫した野菜をそのまま持ち込めます。ここでBBQも良さそうですね。元開拓小屋もいい感じに蔦に覆われ、ブルーベリーもたっぷり実をつけて夏仕様になってきました。

カフェの厨房も完成に近づきつつあります。画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、家、空、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:家、空、植物、木、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:キッチン、室内

ベジモア・ガーデン(農家直売所&カフェ)

宅配料金が大幅値上げ、都会のマルシェも宣伝効果はあっても労働コストに見合わない、というわけでなるべく多くの方にベジモア・ファームと仲間の野菜を味わっていただけるようカフェをオープンすることになりました。
農園主は料理が趣味とはいえ素人、素敵なイタリアン・フレンチ・日本料理なんて訳にはいきませんが幸い夏の時期には新鮮な野菜がたっぷりあります。なるべく手をかけずに素材そのものの味を楽しんで頂くしかない、という事で農家が作る農園カフェを8月よりオープンします。明日厨房機器が入り内装完成、これから「人が沢山のると危ないよ・・」とキムラ工房に指摘されたデッキを全面張替えて開店準備に入ります(そんなに人が沢山来るのか??という疑問はありますが安全第一)。